脊柱側弯症は背骨が湾曲する病気ですが、骨が変形するわけではありません。背骨のまわりの筋肉が硬縮して骨をひっぱるので、その結果、背骨が湾曲します。その硬くなる筋肉を柔軟に保つためのストレッチで側弯症は改善されます。軽度の側弯症やコルセット(装具)治療している方へおすすめの体操を紹介します。

スポンサーリンク

脊柱側弯症によるカラダへの症状

脊柱側弯症で背骨が湾曲してくると、カラダのいろいろな部分に負担がかかってきます。背骨がゆがむと筋肉と骨格系の痛みと内蔵系の不調がでてきます。

筋肉と骨格系の痛み


背中の張り・痛み、腰痛、肩こり、肩甲骨付近の痛み・違和感などがでたりします。カラダがねじれて骨格のバランスがくずれて、神経を圧迫して、それが原因で手のしびれや片頭痛などの症状が出ることもあります。全身の倦怠感や疲れがとれない状態にもなります。

内臓系の不調


背骨の湾曲が強いと内臓にも影響がでて、胃下垂・逆流性食道炎・生理痛・腹痛などが起きたりします。胸骨や肋骨の変形することにより肺活量が減ってきて、呼吸器疾患や心肺機能が下がり足のむくみがでたり全身が疲れやすくなります。自律神経が乱れてしまうこともあります。

脊柱側弯症におすすめの運動

わたしたちの骨格を支えるのは筋肉です。その筋肉が硬くなって縮むことで引っ張られて骨格はゆがみます。筋肉を柔軟に保っておくことで、側弯症の進行を遅らせたり、痛みを和らげたりすることができます。軽めの運動やストレッチをすることで筋肉は柔軟に保つことができるんですね。

スポンサーリンク

筋肉をムキムキに鍛えるというよりは、気持ちよいくらいにカラダを伸ばしたり、ゆっくり動かして筋肉がこれ以上固くなるのを防ぐというイメージです。背骨を柔軟にする体操がおすすめで、鉄棒などにぶら下がったり、腰を回転させる体操、身体をねじる体操は背骨にいい刺激を与えるのでとても効果的です。

ゆっくり呼吸を整えながら、カラダを動かして筋肉を柔軟にできるヨガや、水泳、ウォーキング、ラジオ体操、バレエ、太極拳などがおすすめの運動です。こちらで毎日簡単にできる側弯症のストレッチを紹介しています。ぜひご覧ください。
  ↓  ↓  ↓  ↓
脊柱側弯症のストレッチのコツとビフォー&アフター【動画】

脊柱側弯症におすすめのストレッチ①

こちらは、さいたま整体院の藤田先生にレッスンしていただいたストレッチです。
■側弯症(脊椎側弯症)の原因と緩和するストレッチ方法

脊柱側弯症では、脊柱起立筋、腰方形筋、腸腰筋の3つの筋肉をゆるめることで改善できます。体操のコツはカラダに力を入れないで、できる範囲で気持ちいいなぁ~という感じで動かしてみてください。筋肉が硬くなっていると、ほんのちょっと動かしただけでも痛みを感じます。動かしすぎず、小さい範囲でやってみてくださいね。

脊柱側弯症におすすめのストレッチ②

小学生のころよくやったラジオ体操もおすすめです。きちんとやるとなかなかハードなので、無理のない範囲でやってみましょう。
■ラジオ体操第1 3分11秒

【ラジオ体操の良い点】
・左右対称の動きが多い
・カラダの軸がまっすぐ通っている
・体幹の柔軟性を保つ
・背骨の可動性を広がる
・カラダの前後左右のバランスを整えやすい
・みんなやったことがあるので、間違えにくい
・座って上半身だけ動かしてもよい

ラジオ体操をするときも、カラダの痛くない範囲で気持ちよく動かすことが大事です。カラダをささえる脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)や腰方形筋(ようほうけいきん)の筋力を強化することで、姿勢を保つことができます。そしてラジオ体操の1番良いところは、筋肉を柔らかく保つ体操だということです。

脊柱側弯症におすすめしない運動

側弯症は背骨が曲がる病気なので、激しい運動で骨格にダメージを受ける可能性がある運動は避けたほうが良いでしょう。

  • 衝撃をうける可能性のある運動


・柔道-投げと受け身で衝撃を受ける
・体操-着地などで背骨に衝撃を受けるなど

  • ぶつかり合う可能性のある運動


・ラグビーやアメフトなど

  • 左右対称でないスポーツ

テニスやゴルフなど、カラダの左右で使い方が違うスポーツはどうか? 左右両方を同じように動かす運動のほうが良いですが、スポーツのあとにエクササイズをすることで整えることもできますね。

脊柱側弯症の人が日常生活で気をつけたいこと

脊柱側弯症におすすめの運動についてみてきましたが、日常の生活で気をつけたいことがあります。

  • 無理のない範囲で姿勢はまっすぐに保つ
  • 猫背だったり、カラダが斜めになってしまうのは、脊柱が曲がって歪んでいるからです。
    1日に何度か鏡をみたりして、姿勢をまっすぐ保つように心がけましょう。

  • 重いものはなるべく持たない
  • ショルダーバッグは極力避ける
  • 荷物はできるだけ左右に分けて、両手に均等に持つ(片側に負担をかけない)
  • 床に横座りしない
  • 理想的な体重の維持 ⇒ 体重が増えると背骨に負担が増えます。

側弯症は疲れやすいので、毎日の姿勢に気をつけたり、カラダをバランスよく使うことでゆがみの進行することを防ぐことができます。

側弯症のおすすめの体操や運動のまとめ

毎日すこしずつ気持ちよく感じる範囲でカラダを動かすことで、側弯症は改善していきます。そして筋肉が柔軟であると側弯症の進行の予防にもなります。できる範囲でよいので自分にあったストレッチなどを続けていくとカラダはやわらかくなります。

若いころは筋力もあり不調は感じなかったとしても、年齢とともに筋力が落ちるとカラダのいろいろなところに痛みやコリなどが出てきます。背骨をまっすぐに保つためには筋肉を柔軟にしておくことがとても重要になってきます。自分にあった無理のない体操を楽しく続けていきましょう♪

スポンサーリンク

ブログの管理人 整体師のタツミヨウコです。
IMG_0796川崎市で整体院をしているタツミヨウコです。 ストレートネックや首の痛みに特化した専門の治療院を10年運営しています。10年で5000人超える方の首肩の痛みを解消してきました。

おかげさまで、口コミで予約が取れなくなり、新規のお客様は受付できない人気店となりました。今でも、施術の予約希望をいただくのですが、多忙につきお断りしている状態です。

側弯症のかたの多くは、腰痛や肩こりに悩まされています。そのため、首、肩になやんでいる患者さんが、ご自身で解消できる方法をお伝えするために、このブログを立ち上げました。お役に立てればさいわいです。

肩こりや首の痛みを解消するメルマガ

慢性的な肩こりや首こりなどのつらい症状をご自身の体操で改善してみませんか!? 7日間で首の痛みが軽くなる体操を動画で紹介します。体操はとてもカンタンですが、まちがったやり方では効果はでません。

このメルマガに登録していただくと、体操のコツをわかりやすく理解できます。いますぐ登録していただくと、すぐに1通目が届きます。さっそくやってみましょう♪こちらから登録できます^^

merumaga