「脊柱側弯症」の記事一覧

大人でも側弯症になる?!その原因と症状

脊柱側弯症

年齢が40代、50代、60代、70代での脊柱側弯症がなぜか最近とても増えています。 大人の側弯症は、背中の痛み・腰痛・股関節の痛み・機能性胃腸障害・肺疾患・逆流性食道炎、排卵痛などの合併症を起こすことがあります。この記事では大人の側弯症の原因についてご紹介します。

側弯症の軽度-おすすめのストレッチ

脊柱側弯症

側弯症は背骨が湾曲する病気ですが、骨が変形するわけではありません。 背骨のまわりの筋肉が硬縮して骨をひっぱるので、その結果、背骨が湾曲します。 その硬くなる筋肉を柔軟に保つために側弯症は運動をしたほうが良いです。 この記事では軽度やコルセット(装具)治療している方へ、おすすめの体操を紹介します。

脊柱側弯症。子供や女性に多いといわれる原因と症状について

脊柱側弯症

側弯症(脊柱側弯症)は治らないといわれていますが、適切な治療をすることで改善できます。 背骨がまがるとカラダが歪んで姿勢が悪くなるので、腰痛や肩こりなどの原因にもなり、カラダのあちこちに不具合がでてきます。子どもや女性に多い側弯症の症状と原因について紹介します。

脊柱側弯症のストレッチのコツとビフォー&アフター【動画】

脊柱側弯症

この記事では側弯症のストレッチを動画で2つご紹介します。 お年寄りからお子さんまで誰にでもカンタンにできる体操なので、毎日続けるとだんだんと効果がでてきます。 ストレッチするときのコツをつかむと効果は倍増するので、動画を見ながらコツだけ覚えちゃってください。

側弯症の治療-装具の効果と費用。申請するともらえる補助

脊柱側弯症

側弯症でコルセット(装具)をつけるのは特発性側弯症と先天性側弯症の場合です。 どんな場合にコルセットをつけるのか?その目的と効果についてご紹介します。育ち盛りの成長期にコルセットをつける期間やタイミング、かかる費用について調べてみました。 装具は成長の過程にあわせてなんども新調や修正するので、費用の負担が大きくなります。 申請すると受けられる給付金があるので、期限の切れないうちにぜひ申請しましょう。

ページの先頭へ