側弯症の軽度-おすすめのストレッチ

脊柱側弯症

側弯症は背骨が湾曲する病気ですが、骨が変形するわけではありません。 背骨のまわりの筋肉が硬縮して骨をひっぱるので、その結果、背骨が湾曲します。 その硬くなる筋肉を柔軟に保つために側弯症は運動をしたほうが良いです。 この記事では軽度やコルセット(装具)治療している方へ、おすすめの体操を紹介します。

脊柱側弯症。子供や女性に多いといわれる原因と症状について

脊柱側弯症

側弯症(脊柱側弯症)は治らないといわれていますが、適切な治療をすることで改善できます。 背骨がまがるとカラダが歪んで姿勢が悪くなるので、腰痛や肩こりなどの原因にもなり、カラダのあちこちに不具合がでてきます。子どもや女性に多い側弯症の症状と原因について紹介します。

寝違えの治し方。首筋の激痛に効果があるストレッチ

寝ちがえ

朝起きたら首が固まって動かない、動かそうとすると首に激痛がはしる!こんな経験ありますよね。寝違えやすい人はもしかしたらストレートネックになっているかもしれません。 肩こりや首コリがひどくなると寝違えやすくなります。そんなつらい首の痛みを解消するストレッチと予防法をご紹介します。

ストレートネック。枕の効果とえらび方

ストレートネック

ストレートネックにとって、枕はどんな効果があるのでしょうか?ストレートネックを治すには首のストレッチが1番効果があります。枕をつかうと、無理なくリラックスしながらストレッチできるので、ストレートネックを改善したい人は枕をつかうとすごく良くなりますよ。

ストレートネックの治し方-寝るとき気をつけること

ストレートネック

ストレートネックは寝るときの枕のあて方や、寝方で改善できます。 ひどい肩こりや首こり、頭痛やめまい、腕にしびれがあるようなストレートネックの症状は、眠っているときの姿勢が変わると回復します。1日のうち6~8時間くらい寝ている時間を有効につかって、ストレートネックを改善していきましょう。

ページの先頭へ