ストレートネックの治し方-寝るとき気をつけること

ストレートネック

ストレートネックは寝るときの枕のあて方や、寝方で改善できます。 ひどい肩こりや首こり、頭痛やめまい、腕にしびれがあるようなストレートネックの症状は、眠っているときの姿勢が変わると回復します。1日のうち6~8時間くらい寝ている時間を有効につかって、ストレートネックを改善していきましょう。

ストレートネックは何科にいったらいい?

ストレートネック

首が痛かったり、肩こりや手がしびれたら、病院は何科に行ったらよいでしょうか?いつも肩こりで悩んでいる方は首が原因かもしれません。あなたはストレートネックになっているかもしれません。ほうっておいて、ひどくなるとめまいや耳鳴り、吐き気がおこる場合もあります。

ストレートネックは枕なしが正解?

ストレートネック

ストレートネックで肩こりや首が痛いなどの症状があるときは、枕なしがいいのか?枕をするなら低いほうがいいか、高い方がいいか?いろんな意見がありますが、ホントはどっちでしょうか?健康な首であれば、枕は必要ありません。けれどもつらい症状があったら枕は必要です。

脊柱側弯症のストレッチのコツとビフォー&アフター【動画】

脊柱側弯症

この記事では側弯症のストレッチを動画で2つご紹介します。 お年寄りからお子さんまで誰にでもカンタンにできる体操なので、毎日続けるとだんだんと効果がでてきます。 ストレッチするときのコツをつかむと効果は倍増するので、動画を見ながらコツだけ覚えちゃってください。

ストレートネックの治し方-首コリ解消ストレッチ-その2

ストレートネック

首の調子が良くなってくると、だんだん暮らしが楽しくなってくるんです。というか、それまでがつらすぎたんですよね。体操でカラダ全身の調子も良くなり、心の調子も良くなります。もっと楽しいことばかりできるようになっていきます。そしてそれは、痛くなかった頃の自分に戻るんです。カラダは自分だから治すことができるんですよ~^^

側弯症の治療-装具の効果と費用。申請するともらえる補助

脊柱側弯症

側弯症でコルセット(装具)をつけるのは特発性側弯症と先天性側弯症の場合です。 どんな場合にコルセットをつけるのか?その目的と効果についてご紹介します。育ち盛りの成長期にコルセットをつける期間やタイミング、かかる費用について調べてみました。 装具は成長の過程にあわせてなんども新調や修正するので、費用の負担が大きくなります。 申請すると受けられる給付金があるので、期限の切れないうちにぜひ申請しましょう。

ページの先頭へ